心づくしのお届け料理 藤山

夏の暑い日に帰ってくるご先祖様をお迎えし、もてなし、再び送り帰す。


 お盆には仕事が休みになり、帰省して家族や親戚が集まってご先祖のお墓参りをする、とイメージする方が多いのではないでしょうか。

お盆は、正式には「盂蘭盆(うらぼん)」という言葉からきています。

盆の入りや迎え火やお墓参り、盆明けの送り火や精霊流し、または盆踊りなど昔から続く文化があります。お盆の文化やお盆の法要など「お盆」で気になることを、ここで一度おさらいしてみましょう。

日本では仏教が伝来する前から、神道的にご先祖様を信仰してきました。

お盆にあてはまる神事もあったようです。

仏教が伝来し仏教の「盂蘭盆(うらぼん)」の習合したのが、現在の「お盆」の概念になったそうです。

「盂蘭盆(うらぼん)」というには、釈迦の弟子目蓮(もくれん)が釈迦の教えに従って、七月十五日に亡くなった母親の供養を行ったところ、餓鬼道ができたという仏教の故事からきています。

「盆」というのは供養に用いた「盆」からこの呼び名がきています。

神仏習合の行事でしたがだんだんと仏教色が強くなり、現在では仏教行事として定着していますね。