心づくしのお届け料理 藤山

お盆休みの起源?藪入りとは?


 「藪入り」という言葉の由来は田舎に戻る様子が、藪の深い田舎に入って帰る様子から「藪入り」と名がついたようです。

本来の目的としては、外に働きに出ている者にも一族が集うお盆やお正月の行事に参加させるためという意味もあったようです。

この日は主人から小遣いが渡され、半年振りに家族の元へ帰ったのでした。昔の奉公人は年に2回しか休めなかったのです。

昭和40年頃までは、東京のデパートやお店でも藪入りの日は休んでいましたが、時代の流れとともに「藪入り」という言葉と行事は忘れ去られていきました。戦後の集団就職の頃には今よりも一斉にお盆の時期に帰省ラッシュが見られました。

この「藪入り」の名残で、多くの企業がお盆の時期にはお盆休みがあると考えられています。また、お盆には先祖供養でお墓参りに」行くといった慣習も影響しているのでしょう。