心づくしのお届け料理 藤山

閻魔の賽日とは?


 仏教では、お盆休みを「閻魔の賽日(さいじつ)」といい、地獄の獄卒(ごくそつ)と呼ばれる、囚人を取り締まる役人さえも休む日とされていたため、奉公人も休むことになったといわれています。「地獄の釜の蓋もあく」という言葉を耳にしたことがある人もいるでしょう。

「お盆休み」「お盆に帰省する」という今では当たり前の文化も。このような文化的な風習からきていたんですね。