心づくしのお届け料理 藤山

お盆がいくつもあるって知っていましたか?


 お盆というと8月13日~15日というのが常識と考えられていますが、実はお盆は地域によって時期が違います。

そもそもお盆は明治6年から新暦で7月13日~15日となりました。

しかし、現代の日本では、旧暦のおぼんではなく新暦のお盆から1か月後の月遅れのお盆(月遅れの盆)である8月13日~8月15日の期間にお盆を迎える地域のほうが多いです。

どうして旧暦ではなく、月遅れのお盆が浸透しているのでしょうか。

諸説ありますが、新暦の7月13日~15日は当時の農家にとって供養するお盆を過ごすことが難しかったといわれています。

そのため、収穫の目処がついて農作業が一段落したころにお盆を行うことにしたようです。

他にも「新暦」という新たな暦は東京を起点に発信されたため、地方の農村までは新のお盆(新暦のお盆)が広まらなかった、という説もあります。

関西も都心ですが、旧暦の6月に大きなお祭りを行う文化が根付いており、新暦の7月はお盆を行う暇がなかったともいわれています。